乗用車の内部の汚れを洗浄

内部油性の汚れは主に手オイル、オイル、ほこり、油汚れなど、表面活性剤を主な成分の洗剤。車両の窓枠や他のトリム多く採用アルミ製品、防腐剤を考えると、国外採用でずっと濃度0.3N以下の無機塩基洗剤や粉石鹸。車内用の洗剤はアルカリ性を添えてメタ珪酸ナトリウムだけでなく、洗濯性能向上、しかもアルミ素材が緩蝕作用

除去短毛の絨の織物の席の油汚れ、先に刷毛で、きれいな綿糸やつけて少量洗剤洗浄または洗うことで、そして乾いた布で拭いて。だから洗剤に含まれる水、乾徳性が不振で、素早く乾燥の洗剤を使用すること。また注意したいのは車の外部プラスチック材料使用普通方法洗浄、内部にプラスチックの件、湿布を洗うことができ。もしように清潔で方法皮脂や汚れがない時、プラスチックの件や人工皮革しか使って専門の不溶性プラスチック洗浄剤を処理。同時に車両内には多くの綿糸物製品、例えばドア、破片機、荷室気嚢、ルーフ差などクッション織物との類似品の外観を満ちる件。でなければ専門洗浄剤や干バブルと柔らかいブラシの処理。

乗用車の表面の汚れを洗浄

車の走行中に徐々に堆積にほこりや汚れを定期的に行うため、洗浄。表面の汚れを主に乗用車両の大きい種類が落ちて汚れを洗浄水、土、砥粒、ほこりなどを水で洗い流して#にくいの汚れを含め、炭タバコ、鉱物油、コロイド、錆や排気ガス凝結物等の。
第二種の汚れのような使用洗剤洗浄二、自動車界面活性剤の成分の中には、主に表面活性剤とアルカリ性電解質。いくつかの界面活性剤の中には、ガソリンなど石油、テレビン油溶剤に珪藻土の増加を洗浄する過程の中にの機械摩擦作用。
また、自動車ガラスの上の雪と氷でしかプラスチック吹き片除去。雪の除去時、窓ガラスを防止にほこりと垢に傷が。プラスチック吹き片ない往復べきであるが、同じ方向に押し。ガラス拭き、ないことをこすった塗装表面の皮たので、防腐材料の形骸を妨げる視線。
眩しさを減らすために、車のバックミラーに特殊な膜をコーティング層。壊れないようにこの層のアンチグレアフィルム、洗浄バックミラーにしか使って柔らかい布やガラスを拭くの皮の布。必要なときにも使えるガラス洗浄剤やアルコールが、鏡面光沢剤を利用できない。雪と氷なるべく用雪どけ剤に拭いてではなく、硬いものがでー鏡面。