規範の洗車ステップ(二)

3)洗浄
精練終瞭後、甲から洗い流して車体、順序同衝車なのだが、その時は、上部は屋根や中部を重点。車は車体時から衝を洗い流して下部がきれいにし、一定のこする。この時の洗い主を洗い流して中部以上の部位に下に流れる水の基本を下部と底きれいので、下部や底一带而过で。は甲洗い流して車体ながら、乙に車内で濡れ性の少ないタオル洗車内装部品。説明が必要なことは、全体の洗車する過程の中に乙は甲を配合次長、主に洗車の仕事。だからかどうかに関わらず、手元の仕事も終わって、甲は間もなくを一歩先に止まって準備が必要コーティングツールの半湿潤性大タオル、セーム革など。洗浄の品質基準を車体無土砂、無汚れをところ漏れ。
4)コーティング
甲と乙の2人の各石で半湿潤性タオル全体ボディ昔から後まずプリをもう一度、しばらくの時間以降で、乙は甲に任せてタオル絞り。待車体中部と下部たら大部分の水分がされてから、乙は甲の事前に沿って拭いところセーム革で清拭きふいてもう一度、要求が殘した水の跡。甲プリ拭いて終わってから逆に乙こすったところセーム革で角を中の殘留水分を急いでは、こんな。もう一度タオル、2度のセーム革。その後車体は水が殘らない痕が非常にきれい。
乙セーム革で拭いきれを取り出してもう一度後は、2つのタオル数1、濡れタオルで半湿潤性純車のドア、ボンネット、スーツケース瀬戸際やタンクカバー内側の土砂後、タオルでふいてやる前に殘った水の跡。甲セーム革で拭き終わって、掃除機を使って、車内の塵(計器板、シート隙間所やカーペットは上から吸ってきれいに)、灰皿内の煙草や雑貨、パッドいいフロアマット。そして乙は半湿潤性タオルと光沢剤ガラス拭き、タオルでふいて半湿潤性ハブ及び自動車の底(擦内装やガラスのタオルを洗うべきとドア、車体の底とハブのタオルを使い分けて)。最後に、甲から验车、验车に特に注意すべき検査洗車工程での漏れやすい部位、例えばボンネット端及びの内側、ドアのエッジの内側、ドアハンドルの内側、トランク端の内側、燃料タンクのフタの内側、車体の底、合金鈴、タイヤや排気管などの部品。任せて車前にまだ覚えておかなければならない車内に吹きかけて香水や空気清浄剤、オーナーともっと満足。
验车標準を外部饰件は無塵無し、汚れ、無水痕ガラス光新しい、無利痕内装部品無塵、室内の無美味、座布団やフロアマットが秩序を揃えましょ。

規範の洗車ステップ(一)

規範の洗車ステップは、衝車、こする、洗浄やコーティングなど4つのステップ。車を洗い時普通は2人(述べるために便利で、ここによると甲と乙)が同時に進行し協力し、そうすりゃ速度が速くしかも洗浄の品質。
1)衝車
車両を作業に入る間前に、甲乙二人は自発的に上がる前に、1人の前で導いて、もう・_人車に注意をタイムリーにオーナー後轮、ステアリング。駐車平穏、所有者の高い車の後、甲乙二人は右と左に対して撤退して、そして甲用高圧洗浄機衝撃ボディ汚れ、順番はトップダウン。全体の過程の中でずっとは1つの方向にもう一方の斜め下に洗い流して、避けるのはあるいは反洗浄しないように、砂を衝回はきれいに洗い流して部位
洗い流して車に無視できない部位は車体の下部と底から大量の土砂や汚物の2のようにこれらの部位が集まり、もし少しだけが殘土砂などの物質では、次のプロセスを洗う時がクラッシュ蒔絵。だからなるべくなければならない洗い流して車体下部や肛門の大粒砂。甲衝で車の同時に、乙応用大繊維軟毛潸潸足湯パッド。必要な場合は注食わ・フロアマットはベルベット素材ではなくゴム製品、まずを置いて二人ながらフロアマットに車内で半湿潤性タオルまず洗う内装部品、待衝車工程が終わった後は、洗浄、干しラック。この工程でのようにかかる時間2~3 min。洗浄車の品質基準を車体全身用高圧水流で濡れた漏れなく、車の漆の表面の無順粒砂や汚物を確保以上ステップを順調に進め。
2)を洗う
は乙を供給して車を洗い液。ない場合は使用を自動洗車液の洗浄機には、手作りの調合洗車液、乙は上で1工程すなわち衝車終瞭前によく準備して車を洗い液を洗う道具。そして甲均一散布車体の表面。乙は甲を吹きかけてから洗車液が半分くらいには供給を止めるために洗車液、水道管が殘るの洗車液十分散布殘りの後半車体時、乙から準備を洗う道具、散布いい洗車液甲乙二人の各持大スポンジ左、右は「S」の形に上から下の順序を洗う車体。洗うの品質基準を無漏れをところ、車体上塗り無キズ。